EMSのタイプ・形状による違い

EMSには、大きく分けて3つのタイプ・形状があります。

  • パッド型
  • グローブ(手袋)型
  • ベルト型

パッド型

パッドを気になる部分につけて、電気刺激を与えます。5cm~10cm程度のものから、20cm近くになる大きなものまで、メーカーや商品によってさまざまなパッドがあります。

気になる部分をピンポイントで刺激でき、圧迫感や痛みなどを感じにくいのがポイント。しかし、肌につけるパッドの吸着力が落ちやすく、場合によっては交換する必要があるのがネックです。

グローブ(手袋)型

手袋にEMSの機能がついたもので、手にはめて、気になる部分に触れることで、電気刺激を与えられます。防水加工のものは、お風呂でも使用OKです。

当て方を加減できるので、気になるところをマッサージしたり、顔周りの筋肉にも効果的。パッドやベルトが難しい部分の細かい筋肉を刺激できます。

ベルト型

ベルトのように、お腹まわりや太もも、腕などに巻いて刺激を与えます。CMなどでもおなじみの形状です。

広い範囲の筋肉に刺激を与えられるメリットがある反面、肌に当たる面積が広く、使う際には専用ジェルが必要です。また、ベルトの重さや圧迫感を感じる人もいます。

様々なアタッチメントが選べるタイプも登場!

EMSの中には、パッドやベルトなど、様々な種類のアタッチメントに対応しているものもあり、便利です。

お腹はベルトでしっかり刺激、二の腕はパッドをあてて丁寧に…など、鍛えたい部分によってEMSの使い方を工夫することで、より高いダイエット効果が期待できます。

※ マシン選びに迷ったときは『EMS人気機種の比較』のページをご覧ください。

このページの先頭へ