ダイエット向けのプロテインでタンパク質を補う

「プロテイン」って何?

プロテインとは、英語でタンパク質のこと。筋肉を作るために必要な必須アミノ酸を配合し、体に吸収しやすいように加工したものです。製品によっては、ビタミンやミネラルを添加したものもあります。

筋肉増強剤のように急激に筋肉の力をアップさせるわけではありませんが、筋肉を作るために必要な、良質なタンパク質を効率良く摂取できるので、筋肉を鍛え、体力アップをサポートできると言われ、プロスポーツ選手などが愛用しているサプリメントです。

プロテインの種類

プロテインには原料によっていくつかの種類があり、さらに製法によっても吸収率などが変わってきます。一般によく知られているのが「ホエイプロテイン」「ソイプロテイン」「カゼインプロテイン」などです。

この中で、ダイエットにオススメなのが「ソイプロテイン」。大豆由来のプロテインで、体にゆっくりと吸収されるため、体重が増えにくいタイプのプロテインです。大豆イソフラボンの効果で、生理痛を軽くしたり、肌荒れを改善したりなど、女性に嬉しい効果をもたらすこともあります。

プロテインの飲み方

プロテインは吸収スピードによって、運動前に飲んだほうが効果的なものと、運動後に飲むほうが効果的なものとがあります。

太りにくいプロテインでも、飲み過ぎれば体に脂肪として蓄えられるので、適量を守ることが大切です。プロテインの摂取量や体重や筋力トレーニングの内容にもよりますが、体重1kgにつき1gと言われています。自分の体重にあった量のプロテインを飲み、効果を確かめながら、調節するとよいでしょう。

プロテインは粉末タイプが主流。水では飲みづらいため、牛乳や豆乳に溶かして飲むのがおすすめです。また、粉が溶けづらい時は、振り混ぜるためのシェイカーを用意するのもよいでしょう。

筋肉を作るのに必要なアミノ酸は、動物や魚の肉、穀物、豆などから摂取することが出来ますが、食品から摂取しようとすると脂肪分やカロリーが心配です。そのため、プロテインでタンパク質を補う必要があります。EMSで筋肉を刺激しつつ、プロテインで内側からも筋肉づくりをしたいですね。

このページの先頭へ