超回復を意識することでEMSの効果アップ!

筋肉が強くなる秘密

筋肉は、伸び縮みすることで力を発揮します。筋肉は強い負荷をかけると、筋肉の繊維が壊れますが、24~48時間かけて、今までより強力に修復されます。

これが「超回復」と呼ばれる現象です。これを繰り返しながら、次第に強い負荷にも耐えられる筋力がついてくるのです。

確実に筋力アップを図りたい時は、トレーニングを連続して行うだけでなく、しっかりと休ませる時間が重要です。

※ 筋肉について詳しく知りたい場合は『筋肉の仕組み』のページをご覧ください。

筋肉の「超回復」を活かしたEMSの使い方

  • 大きく広い範囲の筋肉を刺激する
  • 場所をずらしながら使う
  • 筋肉痛を感じたら止めておく

大きく広い範囲の筋肉を刺激する

体には様々な筋肉が張り巡らされています。腹筋や太ももなどの大きな筋肉は、基礎代謝や筋力を生み出す力も強い部分です。EMSを始めるときも、まずは大きな筋肉を意識して刺激し、回復させながら、着実に筋力アップを目指しましょう。

※ 鍛える優先順位については『EMSで重点的に鍛えたい筋肉』のページをご覧ください。

場所をずらしながら使う

特に集中して痩せたい部分でも、パッドやベルトを、上下左右に少しずらすことで、刺激の伝わり方が変化。より多くの筋肉が刺激され、筋トレ効果がアップします。

筋肉痛を感じたら止めておく

EMSは自動的に筋肉を動かすため、脳には「辛さ」が伝わりませんが、しっかりと筋肉は動いています。そのため、使用後に軽い筋肉痛を感じることも。

筋肉痛を感じたら、回復のチャンス。その部分のEMS使用は一旦止め、痛みが落ち着いたら再開しましょう。

筋肉が回復するのにかかる時間は24~48時間ほど。EMSの効果や使い方にもよりますが、全く同じ場所を刺激するのは、1日1~2回でOKです。効果をあせらず、筋肉を休ませ、回復させることで、より効率のよい筋トレ効果が期待できます。

このページの先頭へ