EMSで重点的に鍛えたい筋肉

自分の鍛えたい筋肉を知ろう!

自分の気になるところを集中して鍛えられるEMS。自分の鍛えたい筋肉をしっかり刺激するためにも、場所や名前をチェックしましょう!

胸…大胸筋(だいきょうきん)

胸周りの大きな筋肉で、普通のトレーニングでは腕立て伏せで鍛えられる部分です。男性なら厚い胸板に、女性ならバストアップ効果が期待できます。心臓に近い部分に使用する際は注意が必要です。

腕…上腕二頭筋・三頭筋

二の腕の筋肉で、力こぶが出来る方が「上腕二頭筋」、下側が「上腕三頭筋」です。普通のトレーニングではダンベル体操などで鍛えます。特に「上腕三頭筋」はなかなか使われないため、たるみが気になる部分。鍛えることで、体全体をスッキリとした印象に出来ます。

お腹…腹直筋・腹斜筋

誰もが気になるお腹。腹直筋や腹斜筋は、中にある内蔵や骨盤を支える重要な筋肉です。普通のトレーニングではクランチやシットアップなどで鍛えられますが、辛くて大変な上、腰痛の心配も。EMSを使うことで、腰痛などの心配なく、効率よく腹筋が鍛えられます。

お尻・太もも…大臀筋・大腿四頭筋

お尻の大きな筋肉が「大臀筋(だいでんきん)、太ももの前面にあるのが「大腿四頭筋」です。大臀筋を鍛えることで、引き締まったハリのあるヒップが生まれ、大腿四頭筋を鍛えることで、老化や体力低下による下半身の衰えを予防します。

大きな筋肉を鍛えよう!

ダイエット効果を上げるためには、大きな筋肉を鍛えることが重要です。お腹、太ももなどには様々な筋肉が集まって、1つの大きな筋肉として働きます。

大きな筋肉は、大きなエネルギーを生み出します。大きな筋肉を鍛えることで、基礎代謝をアップさせることができるのです。

※ さらに詳しいメリットは『筋肉を鍛える3つのメリットと基礎代謝』のページをご覧ください。

このページの先頭へ