筋肉を鍛える3つのメリットと基礎代謝

筋肉を鍛えるメリットは大きく3つあります。

  • 病気やケガ、ストレスに対する「抵抗力」を付けられる
  • 骨や心臓を丈夫に出来る
  • 行動力や持続力が付き、積極的になれる

病気やケガ、ストレスに対する「抵抗力」を付けられる

環境の変化や、ストレス、病気やウィルスなどに耐え、戦う力が「抵抗力」です。

筋肉を動かし、体の動きを活発にすると、血液の循環や代謝などの活動もアップ。脳も活性化し、体全体の力が高まります。そのため、ストレスや病気など、外部からの悪影響にも耐久力が付き、簡単には負けなくなります。

骨や内蔵を丈夫に出来る

筋肉を鍛えることで、血液の流れをスムーズに出来、心臓や他の内臓の負担を減らし、効率よい働きが期待できます。また、筋肉を動かすことで、骨を刺激し、骨の老化を防ぐ効果も期待できます。

行動力や持続力が付き、積極的になれる

筋肉を動かすことで、行動力が強くなり、さらに長い時間保つための持続力も鍛えられます。勉強、家事、仕事など、様々な活動を行いたくても、体力がなければ実現しません。積極的で、元気に生活するために、筋力は大切なのです。

基礎代謝って何?

基礎代謝とは、体を維持する活動上、必要なエネルギーのこと。年齢と体重によって平均的な基礎代謝量が決まっており、男性の場合は15~17歳、女性の場合は12~14歳をピークにどんどんと減少していきます。

基礎代謝を主に使うのは、脳や内臓。また、鍛えられる筋肉である「骨格筋」も消費しています。このため、「筋トレをすれば基礎代謝が上がる!」と言われているのです。

食べ物から摂取するカロリーは、使われなければ全て体に蓄えられます。筋肉を鍛えることで、基礎代謝の底上げが行われ、何もしなくてもエネルギーを消費でき、痩せやすい体質が実現します。

※ 詳しくは『基礎代謝を上げるためにEMSで重点的に鍛えたい筋肉』のページをご覧ください。

筋肉をつけると、ムキムキした外見になりそう…

「筋肉=ムキムキとしたマッチョなスタイル」というイメージがありますが、筋肉は簡単にはつかず、更に女性は体質的に筋肉がつきにくく出来ています。普通の人がボディビルダーのようになることは、まずありません。

筋肉は使われなければどんどんと縮こまり、力をなくしてしまうもの。筋肉を使っていない体は、細くても締まりがなく、だらしない印象です。きゅっと引き締まった、美しくしなやかな体には、筋肉が不可欠。柔軟なのに強く、美しい体を目指して、頑張りましょう!

※ 効率的に筋肉をつけたい場合は『プロテインでタンパク質を補う』のページをご覧ください。

このページの先頭へ