EMSってどんなもの?

EMSとは「Electrical Muscle Stimulation」の略で、電気刺激を直接筋肉に与えることで、筋肉を動かし、トレーニングを行う機械、という意味です。

低周波の電気刺激を使った仕組みは、1960年代頃に開発されたもの。もともと医療用で、体のリハビリや、痛みを取る効果が知られています。その効果が次第に「筋肉を刺激して強化する」試みとなり、プロスポーツ選手のトレーニングに採用されるようになりました。

機械のコンパクト化が進み、高周波や干渉波などのより効果的な周波数を搭載することで、EMSは、ダイエットや筋力トレーニングに活用され、一般にも広く販売されています。

「何もしなくても運動できる」とは?

私たちの全ての動きは、脳からの司令によってコントロールされています。意識せずに行っている、「転びそうになったときうまく手や足を前に出す」「飛んできたものを避ける」といった「反射」などの行動もありますが、基本的には脳からの刺激を受け取らないと、筋肉は動かせません。

トレーニングが辛いのは、自発的に意識して「頑張る」動きだから。おまけに、どんなに頑張ったとしても、決まった時間で鍛えられる回数や、体の部分はわずか。おまけに、筋トレには「痛み」や「辛さ」がセットになっています。しっかりとした意思の力で、自ら運動しようと思わなければできない動きが「筋トレ」です。そのため、ついつい、続かないのです。

EMSの特徴

  • 自動的に筋肉を動かすからラクラク・辛くない!
  • ちょっとした時間で効率良く筋トレ可能!

自動的に筋肉を動かすからラクラク・辛くない!

EMSを使うと、何もしなくても勝手に筋肉が刺激され、機械的に動きます。一定のリズムに従って規則正しく働き、普通のトレーニングでは難しいような、不可を与えることが出来ます。

ちょっとした時間で効率良く筋トレ可能!

EMSの良さは、いつでも運動効果が得られること。面倒な着替えや準備、スペースの確保などの必要がなく、好きなときに使ってトレーニング効果が得られます。また、読書をしたり、テレビを見ながらでも簡単に使えるから、気軽に続けられます。

時間や面倒なく効率良く体を鍛えることで、気になる部分を引きしめ、ダイエット効果が期待できます。

※ マシン選びに迷ったときは『EMS人気機種の比較』のページをご覧ください。

このページの先頭へ